So-net無料ブログ作成
検索選択

マインド→心→内面→? [自閉症の定義]

マインドを内面とする事で、マインドブラインドネス理論が分かり易くなったと前回書いた。

内面と言うならば、「気持ち」とした方が良いのでは無いかとも思える。
しかし、気持ちとした場合、この気持ちには感情が含まれるし気持ち=「感情」として
受け取られかねない。
感情のブラインドネスであれば、感情が無い人、になってしまう。

自閉症の実物に付き合っていれば、感情が無いなんて事は全くなく、突然周囲が引きまくる様な
感情の大爆発を起こす事は、本物を身近で見ていれば言わなくても分かっている事。
だから、マインドを「気持ち、感情」とすると理論の内容と合わなくなってくるのだ。

自閉症の子供の事を少しでも知りたい。アスペルガー症候群の子供の事を知りたい。
本当にそう思うなら、絶対「マインドブラインドネス 心の理論」を読まなければ理解出来ない。

これこそが基本で、初めの一歩になる。
自閉症とマインド・ブラインドネス (新装版)

バロン=コーエン,サイモン【著】〈Baron‐Cohen,Simon〉/長野 敬/長畑 正道/今野 義孝【訳】

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784791759682

新装版には心の理論て書いてないんだね。 失礼。

これを読んだとした上で今後の記述を続けます。
これを読んで簡単に理解できる天才は別として、私は何年にも掛かってこの本を理解しようと
勉強した。同じ様にまだ理解が不十分な人もいると思うので、私なりの補足。

とにかく私たち(自閉症、アスペルガー症候群)は、自分自身の内面を知る事が出来ない。
内面を知る事が出来ないと言う事はどういうことか。

例えば、私(自閉症診断済み)も私の妻(自閉症診断済み)も不登校になどなった事が無い。
学校は行かなければならない。と言う掟の前に、行かない等という選択肢が先ず無い。
だから、嫌で嫌でしょうが無くても学校へ行った。
嫌で嫌でしょうが無いと言うのは「内面」だから理屈に合わない様だが、
「嫌で嫌でしょうが無い」と言うのは、20年後40年後の今、当時の自分を見て分かる事で、
その時点では、とにかく行かねばならぬ、行かねばならぬ。どんなに朝苦しくとも、
どんなに眠くとも、どんなに気持ち悪くても、朝礼で倒れても、吐きそうになっても、
とにかく行かねばならぬ。

保健室へ行ってベッドで寝るなんて思いつきもしない。

人間は効率良く暮らせる能力を持っている。
嫌悪感を感じる場合、無意識にそれをさけストレス回避し、ストレスに対峙した時はカラオケで
ストレスを発散する。ストレス発散と称して、嫌な記憶を上書きして無かった事にする。

この、脳内の自動プログラムが、人間の生活を楽にする高度且つ重要なテクニックなのだ。
だから、普通人は生きていく上でのコスト(作業量)が少なくて済む様になっている。

私たち自閉症は、嫌な事もやれと言われれば、やらなきゃいけない。
その時、内面に「嫌だ」という気持ち感情があったとしても、その場では理解できない。
それを、周囲に的確に伝える事が出来ないから、さらに要求される。

これが積もり積もると、突然、大爆発する。
自閉症の子供なら収拾が付かなくなるし、アスペルガー症候群なら会社を辞めちゃう。
それも突然。

周りは、全く事態が飲み込めず困り果てると言う事だ。   少しは分かる? 私は自閉症です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

マインドブラインドネス その言葉の意味する所 [自閉症の定義]

自閉症はウタフリスのグループがマインドブラインドネス理論を元に定義する事で初めて定義付けられた。

定義付けられたと言う事は、医師が診断を下す場合、この定義(決まり)に沿って判別すると言う事だ。
ただ、どんな医者でも自由に判定判別出来るわけでは無く、専門的な勉強と訓練をした専門医が行うと言う事になっている。
だから精神科の医師でも統合失調症に強い先生が簡単に診断を下すとは考えにくく、その場合は専門医を紹介してくれる筈だ。

このウタフリスのマインドブラインドネスの理論はなんと1990年に発表されたモノで日本に導入されたのは当然その後。
私からすれば、自閉症を判定出来る様になったのはごく最近だね、と言う事になる。

それまではどうしていたか。実は現場の施設関係者もよく分かっておらず、
「この子はカワイイから自閉症だ」とか曖昧な区別をしていただけだ。
今でも知的障害を伴う自閉症の子は「コミュニケーションが取れない」と言うだけで、
自閉症として見ている。
厳密に観察すると自閉症とは言いにくいのに、自閉症としてテレビでも紹介される事が多い。

でも、自閉症とテレビで紹介される子は、施設受けがよい子が選ばれるのか、違うケースが多い様に思われる。
しかし、障害者施設で職員の苦労を語る場面で取り上げられる子供は、自閉症とは紹介されないが、間違いなく自閉症の子供だったりする。
どうも、マスコミ関係者の目は、フィルターが入っていると言うか、隠された意図があると言うか、目に鱗がかぶっているケースが本当に多いね。

とにかく、マインドブラインドネスの理論で今までの当て推量では無い、
正しく自閉症を理解する手立てが出来上がった。

このマインドブラインドネスの理論、日本語訳は「心の理論」と翻訳され日本では紹介された。

マインドを心とした事で、どうも誤解が多い様な気がする。
私自身、マインドを心とする事が、日本語の心とはどうにもすり合わず嫌な感じが30年続いていた。

ところが、ある日テレビドラマの字幕で、マインドを「内面」と翻訳していた。

なる程、マインドブラインドネス=自分の内面を知る事が出来ない障害

これは非常に理論の内容ともフィットする。

「自分の内面を知る事が出来ない障害」

皆さんの子供を見ていてどうしても理解出来ない時、この言葉を思い出して欲しい。

私は自閉症です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

朝霞少女誘拐 寺内樺風 [事件]

千葉大 大学生だった寺内樺風 朝霞で見つけた少女に「両親が離婚をする事になった」と
声を掛け誘拐、中ののアパートで2年間監禁。
就職に伴う転居後、少女が逃げ出し救出されたと言う事件。2016年3月に捕まった。

2017年8月29日さいたま地裁で判決が出るはずが延期になった。

検察は、「自閉スペクトラム症の傾向」とすることで、責任能力があり懲役十五年の求刑。
弁護側は「統合失調症を発症していた」として弁護を続けている。

検察が自閉スペクトラムの傾向としているのは、これが統合失調症だとすると、今度は病人の責任能力の判断に論点が移るので、裁判が長引き、場合によっては病気が悪化し、有罪が取れないと判断しているからでは無いだろうか。

そもそも、自閉スペクトラムの傾向があるなんて状態は自閉症には無いんだ。
自閉症と言うのは、例えばダウン症が染色体の欠損と言う明確な差異が正常人とある様に、
自閉症には「心の理論」が成立していない(マインドブラインドネス)と言う明確な条件が
ある。
マインドブラインドネスと普通人の間は明確な差異としてあるので、「傾向がある」等という
中途半端な状態はあり得ない。

医学的に認知され自閉症の判定基準に使われているマインドブラインドネスの理論を無視している
一部の精神科医がその様な事を主張している様だが、これはカルトな言い分で、医学的に認められないだろう。
ところが、裁判の場合この様な怪しい言い分が往々にして通る。

現象からこの事件を見てみると、寺内は言葉巧みに少女を監禁状態に維持し続けていた。
当然日常の会話も、自己の主張を相手に納得させなければならない。
この、相手の心理を読み解き、説得し続けると言うのは、心を持つ心の理論によって成り立っている普通人でなければ出来ない芸当だ。

自閉症、アスペルガー症候群は、相手の心理を全く無視してしまう。
自分は相手の気持ちになっているつもりでも、相手の気持ち自体が分かっていないから、
その時自分が「思いついた相手の気持ち」を相手の気持ちとして尊重し、発言する。

その発言は、相手の気持ちを察して放つ言葉では無く、「相手はきっとこう思っているに違いない」と決めつけて、放った言葉だ。

相手の気持ちを考えて話しなさい。 耳にタコが出来る程言われ続けて来た言葉。
それに忠実に考え発言しても怒られる。

そりゃそうだ。自閉症とは相手の気持ちが分からないと言うのが自閉症。
だから、教師や療育関係者は、乙武君にハードルを飛び越えろと言うのと同じ事を、自閉症に要求する。
さらに、アスペルガー症候群だと、見かけ上は勉強が出来て利口そうに見えるから、尚更要求は激しく、それが過ぎると叱咤叱咤の毎日でついに酒鬼薔薇聖徒になってしまう。

寺内の場合は、その巧みな心理操作を見ただけで、自閉スペクトラム症の傾向は無いと言える。

一方、自閉症は統合失調症にならないのか。
これについてもウタフリスが言及しているが、自閉症は幻覚幻聴を持たないと注記している。
つまり、自閉症と統合失調症は人間の双極にあり、両方は成り立ち得ないのだろう。

日本では、2000年にナンチャッテ発達障害が流行し、僕も私もアスペルガーついでに出版しちゃいましたと出版物が多いが、何故か自己申告しているアスペルガーは幻聴幻覚を持っている。

これを見ただけで、明確な医師による経過観察、診察、診断を受けて居ないんだなと推察出来る。

事件がアスペルガー症候群に依るモノで、アスペになりたがる人間が居なくなる分には全く問題無いが、やはり医学的定義が事件の捜査、裁判に於いて正しく使われるのが望ましい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

発達障害の実例 算数能力の障害 [発達障害の定義]

日本では読み書きそろばんと言われていた様に、誰でもある程度の暗算が出来る。

だから、簡単な暗算は出来て当たり前。
そんな中で暗算が出来ないとどうなるか。

生まれて初めてのアルバイトと言えばウエイトレス。
ウエイトレスはただ品物を運べば良いだけじゃ無い。
伝票に書き込み、お金を貰いおつりを渡す。

この時、暗算が出来なければどうなるか。
電卓で計算しなければならない。しかし、算数の障害をもっていると電卓も上手く使えない。
電卓も上手く使えないから、コンビニでも働けない。

お金を扱わないお店や工場で働くにしても、残業の計算や、品物の個数の計算や
中小企業であればある程現場で働く人が、機転を利かせて計算しなければ仕事にならない。

何か数字に関わる度にもたもたしていると、そのうちクビになる。

見た様子ではとても知能が遅れている様な様子は無いのに全く数字が絡むと何にも出来ない。
つまり、バカに見えないけどバカと見なされる。

結局、「私はウエイトレスも出来ないバカだから風俗しか出来ない」となる。

病的に算数能力に障害があると言う事はこういう事で、普通に数学が苦手と言うレベルでは無く、
その障害を持つ子供は、支援の手には全く掛からず暮らしているのだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

本当の発達障害が報道されない問題 [発達障害の定義]

発達障害の定義で書いている様に、本当の発達障害の問題は全くマスコミでは報道されていない。

医学的に発達障害として認められる人が、マスコミの対象となることが無いからだ。
これは、2000年に発達障害商売と発達障害ネタのマスコミ報道がされ始めた頃からの特徴。

出てくるのはナンチャッテ発達障害や、ニセ自閉症のニキリンコ、ニセアスペの泉流星。
さらに、報道側も、番組内で報道するモノは、皆同じソースを利用している。

簡単に言えば、どこかのあるプロダクションが発達障害ネタで取材し、そのニュースソースを
各放送局向けに、チョットだけ編集し直し放送するだけ。
時には、週刊誌の記事、さらに新聞の生活欄など、全部元情報は同じで、出口が違うだけ。

それらに関わっているのは、いつも同じ顔ぶれで、同じグループとも言える。

メディアミックスの名の下に作り上げた情報操作と言ってもいいよね。
その運動のおかげで、盲学校や今まであった学校をすべて「特別支援校」と名前を変える事になった。

障害者に対する言葉狩りは昔から定期的に行われて来ていて、白痴魯鈍が精神薄弱に変わり、
精神薄弱が知的障害に代わった。

公的機関の名称変更は、公的印刷物をすべて印刷し直さなければならないから、印刷屋はもの凄い利益が上がる。
その為にも言葉狩りは重要な政治マターなのだ。

こうやって、発達障害という単語だけはマスコミ上で目にする事になっても、
本当に困っている発達障害の人たちは、何の支援も受けられず放置されたまま。

気分が良いのは、引きこもりでナンチャッテ発達障害で、パソコンにへばりついている連中。
また、さっきの印刷で儲けようと言う連中は、そんな引きこもりを上手く組織化して、
二重に再利用しているから本当にタチが悪い。

発達障害はこんな世界だから、真剣に悩んでいる親にとって本当に大変な世界なんだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

医学的に見た発達障害とは [発達障害の定義]

ネットだけで無く、NHKを初めとするマスコミ情報もほとんどナンチャッテ発達障害、
日本式自己申告発達障害の情報だと思っても構いません。

その位、医学的に発達障害と診断された子供達、当事者親に役立つ情報はありません。

では、本当に真面目な精神科医、さらにその中から児童精神科を専門職とする医師が使う判断基準にICD-10と言う基準があります。
これはネットにもありますが、アメリカの精神科医学界が基準としているもので、
日本でもこれを基準に考えられています。
日本で障害者手帳を貰う時に出す診断書に記入する判定基準もこのICD10が使われます。

そこで発達障害とはどの様な人の事を言っているか。

F80-F89 心理的な発達の障害

・F80 会話及び言語の 特異的 発達障害
   ・F80.0 特異的会話構音障害
   ・F80.1 表出性言語障害
   ・F80.2 てんかんを伴う後天性失語(症)「ランドウ・クレフナー症候群」
   ・F80.8 その他の会話及び言語の発達障害
   ・F80.9 会話及び言語の発達障害、詳細不明

・F81 学習能力の 特異的 発達障害
   ・F81.0 特異的読字障害
   ・F81.1 特異的書字障害
   ・F81.2 算数能力の特異的障害
   ・F81.8 その他の学習能力発達障害
   ・F81.9 学習能力発達障害、詳細不明

・F82 運動機能の 特異的 発達障害
・F83 混合性 特異的 発達障害

・F84 広汎性発達障害
   ・F84.0 自閉症
   ・F84.1 非定型自閉症
   ・F84.3 その他の小児(児童)期崩壊性障害
   ・F84.4 知的障害(精神遅滞)と常同運動に関連した過動性障害
   ・F84.5 アスペルガー症候群
   ・F84.8 その他の広汎性発達障害
   ・F84.9 広汎性発達障害、詳細不明

F80からF83の特異的と言うのは、簡単に言うと病的に出来ないと言う事です。

特別支援級に行く子供のほとんどは知能に応じた発達をしています。
ですからこの場合知的障害に含まれ医学的に発達障害には含まれません。

柳家花緑さんと言う、超落語の上手い落語家が居て小さん師匠のお孫さんです。
花緑さんは、子供時代字が読めずバカだったと述懐してます。
字が読めないから教科書が読めない。教科書が読めないから授業で何やってるのかさっぱり分からない。オレはバカだったんですよ。と言ってます。
しかし、花緑さんは知的でウイットに富み、なにより抜群に落語が上手い。

今は時代が変わりましたが、落語と言うのは師匠と口移しで習うのが本当です。
今は文章で覚えた弟子が習いに来ます。
考えてみると、昔から字は読めないが記憶は抜群と言う人が居たはずです。
そんな人たちの最後の拠り所が芸能界であり落語界だったと想像出来ます。

トムクルーズも昔から読字障害を告白している素晴らしい役者です。
日本にも読字障害を思わせる素晴らしい役者さんが居ますが、カミングアウトまでは行かないようです。

とにかく病的に文字が読めない、読むのが苦手なのですから、ネットにたどり着く訳なく、
本当に困難な人の助けにはネットは無力と言う事。
この事からも、ネット情報、自称本人情報の怪しさが浮き彫りになります。

そして、残りが自閉症のグループ。
基本は自閉症、つまりマインドブラインドネス、であると言う事です。

では、なんちゃって発達障害の大多数を占めるADHDはどうでしょう。
これは、F90 多動性障害 として情緒障害に含まれます。
知的障害は F70-F79 として別のカテゴリーがあります。
その他、昔学校で見かけた様な変わった子はほとんどが、情緒の障害に含まれます。

こうすると、医学的に見る発達障害と、日本式ナンチャッテ発達障害の数の差がよく分かると思います。

ナンチャッテ発達障害は基本情緒障害ですから、10人にひとりとか、6人にひとりと言ってもそうなのかも知れません。

しかし、自閉症はウタフリスがイギリスで行った大規模な疫学調査による人数。
つまり600人にひとりと言う数字を正しいと考えるべきでしょう。

ネットやマスコミに氾濫する発達障害に対する情報。
実態を表していないと言うのは、この事を知っていれば頷けるはずです。

療育、療育。なるべく早い療育行動。その流行に流されずに、良く考えて見て下さい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

発達障害研究学会? [発達障害の定義]

日本式のなんでも発達障害は置いといて、医学的には発達障害とは何を指すのか話しましょう。

先ず、よく学会で発表とか、学会で大評判とか言う話がありますが、学会というのは自己申告。
つまり私でも「ダンゴムシと発達障害学会」を作る事が出来るのです。
学会を作る人たちは、自分達で学会誌も印刷しますから、すぐそれらしくなります。

医学は人を扱う学問ですから、自己申告の学会をなんでも認めてくれません。
残念ながら「小児精神科」の学会も専門医を中心に活動していても、医学界としては認められていません。
その位、医学的に認められるというのは大変な資料と実験と考察が重ねられないと無理と言う事。

医学界に認められないからと言って、自分の仲間内で学会を作り学会誌とパンフレットを印刷し
役所の窓口や人の集まる所で配れば、学会認定の商売が成り立ちます。

だからこそ、親が真剣にその情報の出所を確認しないとお金だけが出ていきます。

何より子供が一旦壊れてしまうと取り返しが付きません。
こんな例もあります。http://ameblo.jp/repenter/

一度読んでみて下さい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

なんでも発達障害、だれでもOK発達障害、自己申告で発達障害 [発達障害の定義]

日本独特の「なんでも発達障害」

なぜこんな事になり、どうしてこんな事になったのか、その話は後にして、
とにかく自己申告すれば発達障害になれる日本。

これ程発達障害が多く、皆が発達障害該当者になると、日本人で発達障害では無いのは、
日野原重明医師ぐらいしかいない事になる。

それ以外は何かしら発達障害。今や知恵遅れも発達障害だから、勉強が出来ないのは発達障害。
運動が出来ないのも発達障害。学校に行けないのも、会社に行けないのも発達障害。
気分が落ち込むのも発達障害。イライラするのも発達障害。いつでも誰でも発達障害。

ネット上の誰でもなんでも発達障害を見てると、本当の医学的に診断された発達障害の子供
家族を持つ人は暗澹となる。

本当の当事者を身近に持つと、とてもネットで話している自称発達障害とはレベルが違うし、
悩みの本気度も全く違う。

なんちゃって発達障害の対処法は、誰でも思いつく思いつき。
本当の発達障害は、その程度の思いつきで対処出来るモノでは無い。

本物の発達障害が身近にいる人は、毎日が本当に大変だから、ネットなんかに構っていられない。
毎日が戦場で、毎日を過ごすので精一杯。

そして、やがて子育てが終わり、一息ついた親はもうネットなど見向きもしないから、
有効な手立てや、子育てのヒントを他人に与える事はしない。

そう考えると、NHKを含めやたら多いネット上の対応マニュアル
いかに胡散臭いか分かるだろう。

大体、数年で対処法や、療育と言う商売が成り立つなら、紀元前からいたはずの
発達障害の子供達に対する正しい育て方なーんてノウハウは、キリストが生まれた頃には
とっくに出来上がっているはず。
それが、未だに手探り状態と言う事は、まだ何にも分からないし出来ないのに、
2000年に突然出来た療育を行う商売人だけが可能と言うのも本当に変な話だ。

妙な話に飛びつく前に、このブログを読んで貰いたいモノだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

誰も知らない、分かっていない自閉症 [自閉症の定義]

自閉症、発達障害、スペクトラム症候群、アスペルガー障害、アスペルガー症候群。

言葉で書いてしまうと何となく分かった気になってしまうが、自閉症については未だ殆ど分かっていない。

発達障害も、日本の文科省が扱う発達障害と、真剣に医療に取り組んでいる医者、精神科医の言う
発達障害は違う。
つまり、定義そのものが日本だけの特別なローカルルールで、やたら曖昧なモノを一緒くたにしているのが発達障害。
詳しくは後に述べるが、とにかく商売や、組織化や、選挙のための応援をお願いするには、該当者は多く、誰もが発達障害な方が都合が大変良い。
そんな事が、2000年からある組織を中心に熱心に運動(活動)してきた。

だから、1991年にウタフリスの画期的な論文が発表され、今まで未知の領域だった自閉症が、論理的且つ医学的に定義出来る様になり、
私たち当事者も驚きを持ってその研究がさらに進む事を期待したが、
当初アスペルガー症候群を表すのに使われた発達障害と言う単語が、今の様に何でもかんでも発達障害になるとは、思ってもみなかった。

酒鬼薔薇聖徒が事件を起こし、アスペルガー症候群が注目されたが、
それも何でもかんでも発達障害に代わり、さらにニキリンコと言う偽自閉症が登場し、
NHK教育テレビ他で取り上げられ、自閉症はさらに偽情報の方が多くなり、
自閉症の研究は2000年から全く進まなかったのである。

そして、今年2017年またNHKは懲りずに発達障害のキャンペーン放映をするそうだ。
そう言えばそろそろ選挙の声がする。

選挙の憶測が出ると必ず発達障害の記事が大量に流される。
妙な関係だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児