So-net無料ブログ作成

お読み下さる皆様へ

元々は、都通研(東京都障害者通所活動施設職員研究会)で行い好評を博したアクティヴィティでした。 例のスラップ訴訟によって中断を余儀なくされていたものを、ここに復活(復刻)します。
前の3件 | -

自閉症 理論的に理解するには・・ [重要図書]

すでに紹介済みだが、19世紀の本なのに非常に意味ある内容の「アヴェロンの野生児」
医者が長期間自閉症児と寝食を共にした観察日記。
観察者が何十年も一緒に生活をしながら観察した記述は、現在でも無いね。
だから、その内容に重みがあるんだな。

そして、レオ・カナーが論文を書き、ハンス・アスペルガーが論文を書いた。
ほぼ同じ時期に、全く別の場所で書いたのが不思議だ。

その二つの論文に橋を渡し見事に証明してみせたのが、ローナ・ウイング
この人が、謎の障害自閉症を「自閉症スペクトル」として論理的に解明したんだ。

ローナ・ウイングの本は、副題に「親と専門家のためのガイドブック」とある様に、
本当に自閉症の子供の事を思うのなら、この本を、分かるまで何年も掛け、何十回と読み返し
何か壁に当たったらもう一度アドバイスを得る事が出来る本だ。

他の本を読むよりも、この本をひたすら深く読み進んだ方がイイ。
私も、初めに買った本はバラバラになりそうなので、2冊目を確保している。



ただ、人によっては自閉症について「理論的」な部分も知っておきたい人が居るだろう。
研究者であれば当然だ。
専門医では無い精神科医や、自称発達障害専門家は孫引きのネット情報を勝手に解釈している
可能性があるから、きちんとした論文を自分で読んで解釈した方が間違い無い。

その一番初めにそろえ、読むべき書籍は


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

AIBO販売開始 それを喜ぶ「共感」と言う偉大な力 [自閉症の定義]

ソニーの新戦略が発表された。
AIBOの満を持しての発売だ。


新聞記事を見ても気にも留まらない。

妻がチラッと記事を見て「なんでこんなの売るの」
photo6.png

なんでったって、
1.高価である  一目で値段が分かるから、他人に見せつける事が出来る。
         俺はこんなロクで無い物にもポンと金を出せるぐらい稼いでるぞと、
         分からせる事が出来る。

2.珍しい


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

スパコン補助金詐欺 元内閣府審議委員の犯罪 [障害者を取り巻く環境]

ペジーコンピューティングの社長 斉藤元章氏が 補助金詐欺容疑で捕まった。
さらに2018年1月5日再逮捕だそうだ。内閣府のなにやらの審議委員もしていたらしい。

内閣府の審議委員と言うのは、総理直轄の政策に役立つ提言を聞く場で、色んな審議会があり、
そこへ総理が出向き、話を聞く。

まあ、総理大臣が直接政策を立案する訳では無く、事前に根回しして、総理直轄と言うお墨付きを
貰う為のセレモニーの場なのかな。

しかし、審議委員として出席するのは、その後の政策方針、補助金の出方に影響する様で、
おかげで、彼も大口の補助金を手にする事が出来た訳だ。



怪しい審議委員と言えば、小泉、第一次安倍、福田と長きに渡り審議委員だった「ニキリンコ」
この人は診察も診断も受けた事の無い自称自閉症で、

2000年になる前から書籍にも「診断を受けた」と平気で書いて


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の3件 | -

発達障害ランキング
にほんブログ村